SOLUTIONソリューション

ユビ電株式会社
EV・PHEVのCO2排出削減量を売買

ユビ電株式会社脱炭素化プラットフォーム zeroboard 事例

EV/PHVのガソリン車対比のCO2排出削減分をJ-クレジット化

背景・課題

EV/PHVオーナーは、ガソリン車対比でCO2排出量の削減に貢献しているにも関わらず、その削減量を簡単に認識・価値化する手段がなかった。

解決方法

ユビ電は、EVやPHVの走行データから対ガソリン車でのCO2排出削減量を認識し環境価値化する仕組みを、A.L.I.Technologiesは、その価値の記録と小口での取引を実現するシステムを構築しました。

このソリューションで見込まれる効果

EV/PHVユーザーは走行によるCO2削減量を意識・価値化することが可能となります。

zeroboardの活用方法

環境価値の”売り手側”として取引システムを利用。また、将来的にはEV/PHV充電時に環境価値の"買い手"として、CO2フリー充電を提供することも見据えている。

zeroboard活用による効果

zeroboard活用で、クレジット創出量の管理、クレジットの販売を効率化します。これまでは、大口の取引かつアナログな処理が必要などの課題があったが、zeroboardを活用して効率的な管理・販売を実現する。

今後、家庭部門で埋もれているCO2排出削減量をより多く取りまとめ、だれもが簡単に環境価値取引に参加できるサービス推進を目指します。

ソリューション一覧

CO2が見えると、
クリーンな未来が見えてくる。

A.L.I. は、脱炭素社会を目指す企業やサービスをテクノロジーで後押ししています。
CO2の排出や削減を消費者に見える化することで、ライフスタイルから変化をもたらし誰もがあたりまえに環境課題に取り組むことができる社会の実現を目指します。

お問い合わせ / 資料ダウンロード